マイマイ蛾の幼虫

6月26日、27日と東京、鎌倉、藤沢から友人が来道し、私は2日間ゴルフをご一緒させていただいた。
お客様なのに食事にご招待いただき恐縮している次第です。
ゴルフ場の草刈は、畑の草刈りよりかなり広いし長い。
体力はゴルフの方がより使うことを実感した。
26日は小樽で27日は由仁でプレーした。
由仁のゴルフ場ではマイマイ蛾の幼虫(毛虫)を多く見かけた。
キャディーさんに聞くと今年は多いとのこと。
キャディーマスターから「見つけたら潰せ!」と厳命されているようでした。
グリーンの芝が食べられる被害が出ているようである。
ニセコの管理地でも今年は大発生である。
母屋の西側の栗の木は樹高4m程度の若木であるが、無残にもすべての葉が食い荒らされている。
気になり、りんご、さくらんぼ、桃、杏、桜を見に行くと、それぞれの木の先端の葉という葉に毛虫が張り付いていた。
18日は棒で毛虫を払い落とした。19日の朝に見に行くと元の木阿弥で心配になった。
ホームセンターの開店を待ち、毛虫の防除剤と噴霧器を購入した。
担当者から「スミチオン」の1000倍溶液を木全体に噴霧すると効果があるとアドバイスを受けた。
早速、18リットルの容器でスミチオンの希釈液を作り、容量4リットルの噴霧器で合計24本の木の防除を行った。
果樹系樹木の天敵は「野ねずみによる樹皮の食害」、「豪雪による枝折れ」に加え「マイマイ蛾」がラインナップされた。
粛々と対応しよう。
マイガイ蛾発生

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゼンツル

5年前に定年退職した65才男性。 勤務中の不摂生が祟り、心筋梗塞と胃がんを発症し現在共存中。 祖父、父と2代に渡り開墾した6ヘクタールの荒地を3年前から管理を始める。