ゼンツル 「ゼンツル」の記事

サルビア、ロベリア移植

4月30日に造成した花壇3箇所に花の苗を移植しました。 5月23日、24日の両日にニセコ高校で花の苗の売り出しがありました。 生徒さんが丹精込めて育てた苗です。 サルビア、ロベリア、ペチュニア、ベゴニア、マリーゴールドの…

日本一遅い花見

颯太並木の八重桜がようやく開花した。 颯太桜と名づけた八重桜が植樹3年目で初めて開花です。 7本ある八重桜のうちの3本が花をつけた。 昨年に続き、蒼大桜、勝男桜も花をつけた。特に蒼大桜は花数が多く、花房も大きく将来見事な…

サクランボ開花

4月25日に川原種苗さんから届けていただいた3本のサクランボが開花した。白い花が清々しく見える。 病気、害虫に負けないで実を付けて欲しい。

カラスのカンクロウと妻

昨年6月以降、除草をするとカラスが後を付いてくる様になった。 今年も5月1日に花壇用の土を畑で採取していると飛来してきた。 なんと、伴侶と一緒であった。 土の中にクワガタの幼虫がいて、それをついばんでいるようだ。 周囲を…

アンズ・ヤマザクラ開花

颯太(ソウタ 初孫)並木にようやく花が咲いた。 2013年5月に植えた山桜が3年目でようやく一輪開花した。 開花を待つのがもどかしく杏は昨年、開花直前の樹齢のものを植えた。 順調に育ち実がつくのを見たいものである。

ヒヤシンス・クリスマスローズ

雪解けが遅いニセコに春が訪れています。 花壇ではヒヤシンス、水仙、ムスカリ、クリスマスローズが咲き始めました。 家の周囲の野原ではワスレナグサが、カシュンベツ川の河川敷ではヤチブキ、水芭蕉がひと時の春を生きています。

スカシユリと芍薬

知人のSさんの引越しに伴う庭の花移植、第2弾です。 5月1日に小菊、芍薬、芝桜をSさんの庭から、スカシユリ、アッツザクラを育成、販売をしているAさんから、こちらはSさんが購入し移植をしました。 今回もSさんが声かけし、気…

さくらんぼ3本

4月25日にさくらんぼの若木3本を植樹した。 過去5年間さくらんぼの苗木(樹高2m以下)を6本、3本、3本の計12本植えた。 そのうちまともに育ったものは1本、かろうじて生きているもの3本の計4本が残っている。 植えた1…

山で塩、今年は寿都

今年も剪定枝を燃料に塩作りを行った。 昨年は塩谷の海水を汲んできたが今年は寿都の海水で塩を作った。 昨年同様6リットルの海水を煮詰め500グラム弱にし、結晶となった塩とにがり等液体と分離した。 現在のカマドをフルパワーで…

チューリップ球根移植

4月22日から24日まで花壇をつくり草花類の移植を行いました。 知人のSさんがニセコ町内で引っ越すことになり、5年間丹精を込めた花畑を放棄することになりました。 チューリップ、水仙、ヒヤシンス、芝桜、雛菊、シュウメイ菊等…