イチゴが採れた

イチゴが赤くなり美味しく食べられるようになった。
開花から20日程度、積算温度で460℃・日以内であった。
ほかにも食べられる実が見られるようになった。
グスベリは3株とも丸い青い実をたくさんつけた。
1株のハスカップも雪で倒れた体を持ち上げ実をつけた。
敷地内に多く自生している桑の木も赤い実をたくさんつけている。
青黒くなり食べられるまでにはあと1か月くらいか。
小中学校の頃は夏休みに入る前後、木に登り、唇を青黒くして甘い実を満喫していた。
いちご結実
グスベリ
ハスカップクワの実

1 個のコメント

  • アバター 大畑和彦 より:

    広範囲に農作業を行っているのですね。感心しました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ゼンツル

    5年前に定年退職した65才男性。 勤務中の不摂生が祟り、心筋梗塞と胃がんを発症し現在共存中。 祖父、父と2代に渡り開墾した6ヘクタールの荒地を3年前から管理を始める。