アトランティック・ジャイアント

佐呂間町役場から送っていただいたジャンボカボチャの種を母がポットで育てました。
種を5粒送っていただいたのですが、ポットで成長できたのは2株でした。
一緒に送っていただいたクリカボチャは5粒とも育ち、5月21日には移植しました。
大器晩成なのか、ジャンボカボチャの方は双葉から3葉になるまで時間がかかりました。
6月5日にようやく移植できました。
品種は「アトランティック・ジャイアント」といいます。
2011年にカナダのオンタリオ州で育てられたもので824.9kgというすごい記録があります。
これは1株に1個の実を育てた結果のようである。
今年の最初であるので1株に実を2つで育てることにする。
実が大きくなるようにつるも伸びるようで、今回は1株あたり4m四方の面積を確保した。
今年は50kg以上のものが1つでも収穫できれば良いと思っています。
ジャンボカボチャ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゼンツル

5年前に定年退職した65才男性。 勤務中の不摂生が祟り、心筋梗塞と胃がんを発症し現在共存中。 祖父、父と2代に渡り開墾した6ヘクタールの荒地を3年前から管理を始める。