雛菊(ディジー)

今日はニセコではなく札幌の話です。
私の住むマンションは309戸と札幌市内でも大規模な方です。
芝生面積は10,000㎡程度あります。
年3回の草刈りで景観を整備しています。
3年目の春を迎えて今年初めて気付いた花がありました。
芝生の中に、先月はクロッカス、チオノドクサ、今月になり雛菊が咲いていました。
このマンションは築37年目になり、毎年草刈を行っています。
草刈前の開花ですので、もともとの土壌に種があったのか、はたまた野鳥が虫をついばみに来て糞として置いていったのかは定かではありません。
ただ、群生ではなくところどころに開花しているので、野鳥のせいではと考えている。
草刈りで刈られるているのでニセコへ移植しても良いかと考えている。
最近咲いた雛菊は調べるとイタリアの国花のようである。
確かに中心の黄色は太陽と見えないこともない。クロッカス
チオノドクサ
雛菊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゼンツル

5年前に定年退職した65才男性。 勤務中の不摂生が祟り、心筋梗塞と胃がんを発症し現在共存中。 祖父、父と2代に渡り開墾した6ヘクタールの荒地を3年前から管理を始める。