土地利用

なぜ、管理することにしたのか?

実はここには私の母親(91才)が一人住まいをしている。

1944年に嫁いできて70年、娘2人、息子2人を育て、しゅうと、しゅうとめ、旦那を看とり、16年前から一人で暮らしている。

3年前までは家庭菜園、花畑、庭木の手入れを行っていたが、膝が痛むようになり活動範囲は小さくなって来ました。そのため、私が手の届かないところをカバーすることにしました。

現在はヘルパーさんの週1回の訪問介護、お医者さんの月1回の往診で健康を維持している。また、昔からの友達と叔父夫婦が壮健で週に1回は様子を見ながらお話をしに来ていただいている。

現在の土地利用状況

トドマツ林は河成段丘の上の段に有り、「ミョウガゾーン」、「カラマツ林」は崖地になっている。

それ以外は河川の氾濫原でおおむね平らである。
管理地範囲・土地利用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゼンツル

5年前に定年退職した65才男性。 勤務中の不摂生が祟り、心筋梗塞と胃がんを発症し現在共存中。 祖父、父と2代に渡り開墾した6ヘクタールの荒地を3年前から管理を始める。