リンゴの木の剪定

今年は暖冬で雪が早く溶けているようです。
昨年は4月に入ってからのニセコ行でしたが、今年は3月19日に行き、20日、21日と3日間いました。
19日はリンゴの木の剪定と勝手に繁茂している柳の伐採。
20日は役場へ行き、管理地の地番図を手に入れました。登記簿はあるが範囲が判然としていなかったため。
最近は航空写真に地番図を重ねてくれます。昔は現況図でしたから見た目は素晴らしくなりました。しかし、等高線のデータが入っていません。
A3版1/2500の縮尺で1通300円でした。
21日はニセコの将来を勝手に考える会に参加して、午後には札幌へ戻りました。

3月19日ニセコ我が家の積雪110cm
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

4ヶ月ぶりの桜並木(になるはず)と羊蹄山
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

4ヶ月ぶりのニセコアンヌプリ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

リンゴの木(古木)の剪定後(次の剪定前と変化ないようですがだいぶ切りました)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
リンゴの木(古木)の剪定前
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

リンゴの木(挿し木)の剪定後
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
リンゴの木(挿し木)の剪定前
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゼンツル

5年前に定年退職した65才男性。 勤務中の不摂生が祟り、心筋梗塞と胃がんを発症し現在共存中。 祖父、父と2代に渡り開墾した6ヘクタールの荒地を3年前から管理を始める。