10月に入り庭木の剪定を始めている。
今回は、りんごとオンコを行った。
リンゴは春先の雪のある時に行うのが良いのだが、長年放置してきたので下枝が垂れ下がっていた。
今年の春先に切ろうとしたが、雪に埋まって切ることができなかった。
時期が違うが出来る時にと、下枝を切った。
上枝は来春に行う。
オンコは母屋の西側裏手にある10本を剪定した。
昨年の秋に雪の重みで垂れ下がった枝を切った。
育つか不安になるくらい切り詰めたのだが、なかなかどうして丈夫である。
幹から新芽、新枝が続々と出てきていた。
背丈が伸びないようにと頂部を、陽ざしと風通しのために側部を切り詰めた。
5、6年は形を考えず枝の伸び具合を見極めることにする。
スライド2

スライド1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゼンツル

5年前に定年退職した65才男性。 勤務中の不摂生が祟り、心筋梗塞と胃がんを発症し現在共存中。 祖父、父と2代に渡り開墾した6ヘクタールの荒地を3年前から管理を始める。