ボタン、ヤマツツジ庭の草花

早春から春へと季節は確実に歩みを進めます。
気温は夏の盛りを思わせる日もあります。
庭の草花も気温の上昇とともに開花する種類も移ろいます。
多年性の花々は放っておいても花をつけてくれます。
ただ、周囲の雑草除去と最低限の剪定は必要のようです。
今は、ボタン、ヤマツツジ、釣り鐘水仙が咲き始めています。
長姉は毎年、ペチュニア、マリーゴールドの苗を持ってきて植えてくれています。
私は札幌から、刈り取られる運命の雛菊を数株持って行き移植しました。
ボタン
ツツジ
ツツジ2
釣り鐘水仙
ペチュニア
雛菊移植

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゼンツル

5年前に定年退職した65才男性。 勤務中の不摂生が祟り、心筋梗塞と胃がんを発症し現在共存中。 祖父、父と2代に渡り開墾した6ヘクタールの荒地を3年前から管理を始める。