オンコ・桜・杏の冬支度

雪が積もる前に絶対にしなければならない作業がある。
ひとつはオンコの雪害対策である。
1.8mの積雪地域であるのでオンコの枝折れ防止策を行わなければならない。
昨年は1本の支柱の頭部からロープで枝を支える方法で行った。
枝が10本程度あるのでそれぞれに積もった雪の重みで支柱が折れてしまった。
今年は枝に雪が積もらないようにブルーシートで全体を覆ってみた。
もうひとつは桜・杏・サクランボ・りんごの野ねずみ対策と雪害対策である。
野ねずみは雪解け時に餌が無くなると若木の表皮を食べる。
対策として1mの高さまでビニールシートを巻きつけて幹を保護する。
雪による枝折れ対策としてロープで枝をグルグル巻きにして枝に雪が積もらないようにする。
桜・杏の樹高が4m程度になったのでトラクターにハシゴをくくりつけて作業を行った。
スライド1

スライド2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゼンツル

5年前に定年退職した65才男性。 勤務中の不摂生が祟り、心筋梗塞と胃がんを発症し現在共存中。 祖父、父と2代に渡り開墾した6ヘクタールの荒地を3年前から管理を始める。