トマトが採れた。

5月21日に移植したトマトが熟してきた。
花が咲いた苗であった。
5月21日積算温度   445℃・日
7月 9日積算温度 1,286℃・日
移植後約840℃・日で熟したことになる。
7月9日に初どりし味見をした。
スーパーにある温室栽培のトマトと比べると皮は厚いが、甘味、酸味、香りとも濃厚である。
5月31日に移植したズッキーニは7月4日から収穫し、初物は横浜からきた次男のお土産にした。
7月9日に収穫した1本は輪切りにし、マヨネーズ、鰹節、醤油を練ったものを上に乗せオーブンで焼いて食べた。美味しかった。
ナスビ、ミニトマト、スイカも5月31日に移植したがもう少しである。
6月19日に移植したピーマンは7月9日に2個収穫した。
豚肉の生姜焼きに添え、油炒めでたべた。味が濃い。
トマト苗移植
スライド1スライド2スライド3スライド4スライド5スライド7
スライド6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゼンツル

5年前に定年退職した65才男性。 勤務中の不摂生が祟り、心筋梗塞と胃がんを発症し現在共存中。 祖父、父と2代に渡り開墾した6ヘクタールの荒地を3年前から管理を始める。