黒千石、トマト、キューリ

現在の菜園の主役は黒千石(小粒の黒大豆)、トマト、キューリである。
黒千石は平均的に成長している。また負けじと雑草も生え揃ってきている。
母がイスを畑に持ち出し草取りくわで除草を始めたようであるが、白内障の影響で、見つめているとみんな一緒に見えるのでバトンタッチを申し込まれた。
左側から始めたようで畑の地肌がやけに目立っている。
残りの部分を1時間半ほどで草取りをした。
手前に横一列に見えるペチュニアとマリーゴールドは長姉が苗で移植していったもので、匂いで害虫を防いでくれる効果があるらしい。
1黒千石草取り
ここ10日間の気温は最高温度は32℃まで上昇した日があったものの、平均気温では17℃~21℃程度で推移し野菜にとっては良好な環境であったようである。
トマト、キュウリに早くも実が付き、汗と筋肉痛を忘れさせてくれた。
トマト
キューリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゼンツル

5年前に定年退職した65才男性。 勤務中の不摂生が祟り、心筋梗塞と胃がんを発症し現在共存中。 祖父、父と2代に渡り開墾した6ヘクタールの荒地を3年前から管理を始める。