野菜の世界

今年の気温と降水量をアメダスのデータで30年平均値と比較してみた。
ニセコのアメダスは昨年設置されたばかりで平年値は無い。また、降水量のデータのみである。
当地と気象に関する地形が似ていて一番近い蘭越のアメダスのデータで見てみる。
気温は5月、6月は2℃近く高く、7月も今まで1℃程度高く推移している。
降水量では5月が平年値の1/3程度。6月はやや多かったが7月は極端に少ない。6月20日から1か月で1mmしか降っていない!
ジャンボカボチャは栽培に気を付けてはいるが、その他の野菜は放任主義である。
しかし、野菜たちの生命力には驚く。与えられた環境に順応しながら次世代の用意を滞りなく行っている。
人間界の教育された者の甘えた狂気を思えばなんとたくましい世界であろうか。
気候の比較
スライド1
スライド2
スライド3
スライド4
スライド5
スライド6
スライド7
スライド8
スライド9

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゼンツル

5年前に定年退職した65才男性。 勤務中の不摂生が祟り、心筋梗塞と胃がんを発症し現在共存中。 祖父、父と2代に渡り開墾した6ヘクタールの荒地を3年前から管理を始める。