援農2

9月16日、17日の1泊2日で同級生のK・KとT・Gが援農に来た。
16日はK・Kが道路脇の草刈りを行い、私とT・Gはクルミの木の下枝処理と柳の木を1本切断処理した。
17日は大根抜き、トウキビもぎ、かぼちゃの収穫を行った。
16日の昼食は最後の収穫となるミョウガを薬味にざるそばとした。
夕食はK・Kが海鮮カレーを手作りしたものをいただいた。
シーチキン、冷凍むきえび、野菜を自家製のニンジン、カボチャと姉からのいただき物のじゃがいもとタマネギを具材とした。
固形カレーに隠し味にコンソメ1個、さらにターメリック少々を入れて味を整えた。
昔、函館のレンガ亭で食べたカレーを思い出す味であった。
スライド1
スライド2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゼンツル

5年前に定年退職した65才男性。 勤務中の不摂生が祟り、心筋梗塞と胃がんを発症し現在共存中。 祖父、父と2代に渡り開墾した6ヘクタールの荒地を3年前から管理を始める。