トマトに続きインゲンも

ミニトマトに続きインゲンも萎れてしまった。青しそは4株のうち2株は生き残った。
LED白色光3.7Wの光量では足りなかった結果かと思う。
室内を見渡すと窓の内側の戸を外すと敷居のスペースを台にし、カーテンの外側に鉢を置くと日光が当たることに気づいた。
また、窓の下には地域暖房の暖房器具があり、温度管理が可能である。
ミニトマトとインゲンを再チャレンジすることにした。

60日目で萎れたインゲン
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

3月16日播種したミニトマト、2週間経過。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しぶとく残った青しそ2株
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マンション敷地内の梅の剪定枝
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゼンツル

5年前に定年退職した65才男性。 勤務中の不摂生が祟り、心筋梗塞と胃がんを発症し現在共存中。 祖父、父と2代に渡り開墾した6ヘクタールの荒地を3年前から管理を始める。