ジャンボカボチャ収穫

つるも枯れたのでジャンボカボチャを玄関脇まで移動した。
一人で移動するにはぎりぎりの重さであった。
畑から道路まで20m位をシートに乗せて引きずって移動。
渾身の力で台車に乗せて家まで移動。
昔、石臼の台としていた物のホコリを払って玄関脇に設置。
再度、渾身の力を振り絞りジャンボカボチャをのせた。
サイズは長径で50cm、短径で45cmであった。
単純に中間の寸法を採用し直径47.5cmとして体積、重量を計算すると
体積=(4×π/3)×23.75×23.75×23.75=56.115cm3
比重を1とすると56.1kgとなる。
正確な計量をしなければと考えている。
移植したときの目標は50kg以上としていたので、計算で近い数字が出たので一安心である。
来年はさらに前進しよう。
写真は種を送っていただいた佐呂間町役場へコンテスト応募写真として送ったものである。
スライド1

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ゼンツル

    5年前に定年退職した65才男性。 勤務中の不摂生が祟り、心筋梗塞と胃がんを発症し現在共存中。 祖父、父と2代に渡り開墾した6ヘクタールの荒地を3年前から管理を始める。