シャクヤクがさいた。

記録的な長雨でした。
6月6日以降の2週間は毎日の雨でした。
ニセコのアメダスの記録ではこの間の降水量は68mmでした。
雨は続いていましたが量的には平年値(30年平均)に近いものでした。
気温は最低で11℃、最高で22℃となり北海道の初夏の花々にとって気持ちの良い気候のようであった。
雨上がりの花は瑞々しく、見る者の心を潤わせてくれる。
控えめなもの、また、自己主張の強いもの、それぞれが個性を発揮している。
シャクヤク
マリーゴールド
ミヤコワスレ
ベニウツギ
ウツギ
タチバナモドキ
ルピナス

アヤメ

1 個のコメント

  • アバター MOKO より:

    母が何より嬉しそう。
    普段何気なく見ている花も写真に撮るととてもきれい。
    と話していました。
    何より無理をしないで、楽しんで下さい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ゼンツル

    5年前に定年退職した65才男性。 勤務中の不摂生が祟り、心筋梗塞と胃がんを発症し現在共存中。 祖父、父と2代に渡り開墾した6ヘクタールの荒地を3年前から管理を始める。