サクラ草が咲いた 5月1回目ニセコ行(4)

日中気温が15℃を超える日が多くなりました。
植物は温度センサーを備えているのでしょう。例えば桜はプラス温度の累積が300℃を超えると開花すると言われています。
母が育てている花々が徐々に開花してきています。
花の顔ぶれと開花状況を見ますと、早春というより春を感じます。
タンポポは後ほど草とり鍬で母に除去されます。
サクラ草
チューリップ
ヒヤシンス
ムスカリ
タンポポ

1 個のコメント

  • アバター 藤川 友子 より:

    やっぱりふるさとはいいですね!
    母さんの穏やかで嬉しそうな顔が何より心に沁みてきます。
    私と姉さんは父さんのテコとなっていやという程農作業をしてきました。
    貴方の作業の様子を見るととてもほほえましく、楽しんで作業をされているのが羨ましくさえ思います。

    済んだ空気の中で、健康第一に作業を楽しんでください。
    桜並木、私も何本か出資しますので、購入して植樹してください。母さんが楽しめるうちに
    ひまわりや、コスモスの咲く笑顔いっぱいの陽だまりの路が楽しみです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ゼンツル

    5年前に定年退職した65才男性。 勤務中の不摂生が祟り、心筋梗塞と胃がんを発症し現在共存中。 祖父、父と2代に渡り開墾した6ヘクタールの荒地を3年前から管理を始める。