キューリ、えんどう豆、大根

収穫の早い順に調査した。
収穫で一番早かったものはキューリである。
6月29日で積算温度は1,094℃・日である。
ただ、キューリは苗で移植したものなので、苗を育てた期間のデータが無い。
種から育てたものではえんどう豆がが早く、次に大根が早かった。
えんどう豆、大根とも5月12日に種を蒔いた。収穫日と積算温度は次の通りである。
えんどう豆の収穫開始は7月9日で播種から収穫までの積算温度は約950℃・日、期間は2か月弱である。
大根の収穫開始は7月16日で播種から収穫までの積算温度は約1,100℃・日、期間は2か月強である。
大根は最初の場所が水はけが悪く再度蒔き直したが、2回目も同様の積算温度、期間であった。
来年への課題として
1、苗物の育苗期間と温度の把握
2、地温の調査・・大根、ニンジン、いも等の根もの、地下茎類の成長把握の参考とする
スライド2
スライド3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゼンツル

5年前に定年退職した65才男性。 勤務中の不摂生が祟り、心筋梗塞と胃がんを発症し現在共存中。 祖父、父と2代に渡り開墾した6ヘクタールの荒地を3年前から管理を始める。