やってみてわかる農業

昨年は気がつかなかったということは、今年は我が管理地はマイマイ蛾の大発生地になったようだ。
6月18日に気づき、19日に第1回、29日に第2回、7月4日に第3回の防除を行った。
樹高が4mを超える木があるので足場としてトラクターを使用し作業を行った。
第1回の防除は幼虫(毛虫)を葉から叩き落とし薬剤を散布した。
木の根、幹とまんべんなく薬剤を散布しているが、見ているとさっき落とした幼虫がまた集まって幹を登り始めている。
ヒッチコックの映画、「鳥」の毛虫バージョンである。
第2回、第3回は心を鬼にし手の届く幼虫は潰して薬剤を散布した。
1昨年植えたエゾヤマザクラは葉の形がわからないほどなくなっている。
今年植樹したものは第1回、第2回の防除の効果がでていたようだ。
幼虫もそろそろ蛹になる時期なのでなんとか乗り越えて樹命を長らえて欲しい。
毛虫の嫌いな方は最後の写真は見ないでください。
防虫剤
害虫の食害
害虫食害の桜並木
マイマイ蛾幼虫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゼンツル

5年前に定年退職した65才男性。 勤務中の不摂生が祟り、心筋梗塞と胃がんを発症し現在共存中。 祖父、父と2代に渡り開墾した6ヘクタールの荒地を3年前から管理を始める。