スカシユリと芍薬

知人のSさんの引越しに伴う庭の花移植、第2弾です。
5月1日に小菊、芍薬、芝桜をSさんの庭から、スカシユリ、アッツザクラを育成、販売をしているAさんから、こちらはSさんが購入し移植をしました。
今回もSさんが声かけし、気持ちよく参加してくれたTさん、Mさんと4人での作業です。
作業自体は3時間程度で終わりました。
花壇は前回造成したものを拡幅しました。
移植前日に250mほど離れた旧畑から表土を運びました。
移植を終えた花壇は今回の「宿根草」、前回の「球根植物」とを合わせ多年生草の場所とします。
この花壇とは別にカシュンベツ川沿いに3箇所花壇を造成しました。
川沿いの花壇は冬季の除雪を行う場所となり、除雪機で踏みつけられます。
こちらには単年生の花を植えようと思います。

多年生草用花壇
花壇増設

単年生用花壇(川沿い上流部に2箇所)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

単年生用花壇(川沿い下流部に1箇所)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゼンツル

5年前に定年退職した65才男性。 勤務中の不摂生が祟り、心筋梗塞と胃がんを発症し現在共存中。 祖父、父と2代に渡り開墾した6ヘクタールの荒地を3年前から管理を始める。